八坂神社七夕祭 8月7日

2013年8月7日(水)10:00~ 八坂神社

G807@八

数日前から境内の舞殿の廻りに大笹が立てられ、参拝者は短冊に願い事を込めて掛けることができます。また氏子児童画展等があります。

ちなみに筆者は4年前から書き込んだ願い事が毎年叶っています。

(宝くじではありませんが)

【問合せ】TEL 075-561-6155 八坂神社

祇園商店街「七夕飾り」8月5日~7日

2013年8月5日(月)~7日(水) 祇園商店街

8月13日まで京都市内各地で開催される夏のイベント「京の七夕」で、御池から四条近辺の鴨川沿いでは笹飾りや竹灯りなど、情緒あふれるさまざまな飾りで川辺が彩られます。

また、祇園商店街では協賛事業としてアーケードに七夕飾りを飾ります。

八坂神社常磐新殿では7日16:00~17:30(受付/15:30~)に 上田文(うえだあや)氏を講師にお招きし、「七夕のおはなし」と題して七夕の由来、七夕の行事に込められた日本人の思いなどのお話し会が行われます。参加料は無料で当日先着順(定員150名)です。

そして同日、八坂神社境内の舞殿では「ワカバ 」ミニコンサートが 18:30から行われます。参加料は無料です。

【問合せ】TEL 075-222-4133 京の七夕実行委員会事務局

夕涼み「浴衣の茶会」8月2日~18日の金・土・日曜日

2013年8月2日(金)~18日(日)の金・土・日曜日 高台寺

G801@高 2

夏の夕暮れ時、椅子席で気軽に参加できる茶会です。浴衣で楽しめる涼味あふれる茶会で、ライトアップも楽しめます。

【料金】一般 2,500円・浴衣着用の方 2,000円(拝観料込)

【受付】17:00~18:00(前日16:00までに要予約)

【所要時間】約1時間

【問合せ】TEL 075-561-9966  高台寺

燈明会(とうみょうえ) 8月1日~18日

2013年8月1日(木)~18日(日) 高台寺

G801@高

期間中夏の夜間特別拝観が実施されます。秀吉を偲び伽藍や庭園が闇に照らされ、高台寺前の参道には、900張の燈明会提灯が灯されます。

また、8月3日(土)の日没後には,、二胡奏者の泉貴子、ピアニストの新井美奈、尺八奏者の平山泉心による女性3人ユニット「iroha 」のコンサートが楽しめます。

【開催時間】 21:30受付終了(20:00閉門)

【拝観料】大人:600円・中高生:250円・小学生以下は父兄同伴

【問合せ】TEL 075-561-9966  高台寺

八朔(はっさく) 8月1日

2013年8月1日(木) 祇園界隈

G801@八

八朔とは8月1日のことで、お世話になった人へお礼をする日のことをいいます。 旧暦のこの日は稲の実が成熟する頃で、 元々は農作物の豊穰を願う行事でした。

祇園界隈では、芸妓・舞妓さんたちが絽の黒紋付きという正装で、師匠宅やお茶屋さんなどへ挨拶回りをします。

写真を撮る方はマナーを守り、節度を持って撮影しましょう。

疫神社夏越祭 7月31日

2013年7月31日(水)10:00~ 八坂神社

G731@疫1 G731@疫2

八坂神社の境内摂社である疫神社は、疫病除けの神、蘇民将来を祀り、蘇民将来社ともいわれています。

この日、疫神社の鳥居に大茅輪を設け、参拝者はこれをくぐって厄気を祓い、無病息災を願って茅(ちがや)を少し抜いて各自で小さい茅の輪を作って持ち帰り、厄払いのお守りにします。

この祭事で1ヶ月間にわたった祇園祭も幕を閉じます。

【問合せ】TEL 075-561-6155 八坂神社

「百鬼夜行」展  8月31日まで

2013年8月31日(土)まで 高台寺・圓徳院

 

「百鬼夜行」とは夜にさまざまな怪異なもの、捨てられた古道具が形を化け物や妖怪に姿を変えて夜の闇の中を行列し、ざわざわと俳徊するさまのことで、日本では古来、生き物と同じく道具にも魂が宿っていて道具を大切にしなければいけない、という意味を込めて描かれています。

高台寺が所蔵している「百鬼夜行絵巻」や「地獄極楽絵図」が展示されています。

■高台寺/9:00~18:00受付終了(18:30閉門)大人 600円、中高生 250円

■圓徳院/10:00~17:00受付終了(17:30閉門)大人 500円、中高生 200円

※共通拝観特別割引券(大人900円)があります。

【問合せ】TEL 075-561-9966  高台寺

OSK所属の悠浦 あやとさんが一日店長

OSK日本歌劇団

OSK日本歌劇団の京都四條南座公演(8月3日〜11日)のPRイベントとして、祗園商店街の加盟店、京漬物西利様と京菓子庵鼓月様それぞれの店舗で7月29日14:00〜18:00にOSK所属の悠浦 あやとさんが鼓月祇園店の一日店長をされます。

西利様では【西利×OSK日本歌劇団「桜セット(さくらの花・さくら漬・OSK風呂敷付き)」1,800円(限定200セット)】を、鼓月様では【鼓月×OSK日本歌劇団「京セット(オリジナル玉子せんべい6枚(2枚が顔写真入り、1枚はロゴ入り、3枚は無地・OSKお守り付き)」1,800円(限定200セット)】を販売します。

限定200セットのコラボ商品「鼓月×OSK日本歌劇団『京セット』」を販売致します。詳しくはOSK日本歌劇団のHPをご覧下さい。

祇園小石さんCMを掲載しました

祇園小石外観

7月15日に祗園商店街宵宮前夜祭にて上映しました、祗園商店街CMコンテストの応募作品の一つ、祇園小石 30秒CM(監督:二宮健/BULLDOG FILM)を祇園小石さんの紹介ページに掲載しました。

→祇園小石さんの紹介ページ

神輿洗

2013年7月28日(日)18:00~ 八坂神社~四条大橋

G728@洗1 G728@洗2

還幸祭を終えて帰着している3基の神輿のうち、中御座1基を10日の神輿洗と同じく、大松明の火で清めた四条通から四条大橋の中央まで渡します。神事用水を、神官が榊の枝に含ませて神輿に注ぎ清めます。

午後8時半ごろ八坂神社に帰った神輿は、儀式を行い舞殿のまわりを練りますが、飾りを取り舞殿の灯りだけに照らされる神輿は、祭りの終わりのなんとも言えないもの悲しさを感じます。

【問合せ】TEL 075-561-6155 八坂神社

神輿渡御・還幸祭

2013年7月24日(水)16:00~ 四条御旅所~八坂神社

G724@還1 G724@還2

17日から四条御旅所に鎮座していた中御座・東御座・西御座の3基の神輿が出発。氏子町内のそれぞれの所定のコースを経て、途中で三条御供社で祭典を行い、神輿に明かりを入れ、午後9時から10時頃までに、それぞれ八坂神社に還幸します。

その後神霊を神輿より本社に還し、祭典が行なわれます。

祇園石段下をはじめ、この神輿渡御にともない交通規制が行われます。

【問合せ】TEL 075-561-6155 八坂神社

花傘巡行

2013年7月24日(水)10:00~ 八坂神社~市役所~八坂神社

G724@花1 G724@花2

花傘巡行は傘鉾10余基を中心に、祇園囃子、祇園太鼓、鷺踊、六斎念仏、馬長列、子供神輿、武者稚児など10数団体、総勢1000人からなる華やかなものです。

祭列は八坂神社を出発し、祇園四条通を通って四条河原町から市役所、四条御旅所をへて八坂神社に戻ります。

祭列が八坂神社に到着した後の12時頃から舞殿で久世六斎念仏をはじめ、祇園獅子舞や舞妓さん・芸妓さんの舞など、数々の舞踊、芸能が奉納されます。

【問合せ】TEL 075-561-6155 八坂神社