観亀神社宵宮祭 5月11日

2017年5月11日(木)18:30~22:00 観亀神社前

祇園会館の一筋北の中末吉町通りを西に150m入った所にある観亀神社は祇園東界隈の氏神さま。小さなお社ですが昔から「かんきさん」と呼ばれ親しまれています。

その観亀神社の12日の本祭の前夜には宵宮祭が行われ、芸妓さんや舞妓さんと篠笛クラブの提灯行列が近隣を練り歩きます。

そして神社前の特設ビアカウンターでは、祇園東の芸妓さんや舞妓さんとビールやソフトドリンクを飲んで会話を楽しめたり、ゲームコーナーでは記念品が当ったりします。神社内ではお茶席も設けられます。500円でゲーム券付です。

また、火伏せの神さま「かんきさんの縁起物根付」も販売されます。

【問合せ】TEL/075-561-0224(祇園東歌舞会)

春季金比羅大祭 5月10日

2017年5月10日(水)安井金比羅宮

安井金比羅宮の春のお祭りです。

火焚神事は境内祭場に護摩段を設けて、午後1時より宮司が祝詞をあげ、氏子崇敬者の願いが書かれた護摩木を焚き上げられます。

誰でも自由に参列できます。

【問合せ】TEL/075-561-5127(安井金比羅宮)

京都非公開文化財特別公開 4月28日~5月7日

2017年4月28日(祝)~5月7日(日) 知恩院

財団法人古文化保存協会主催の、春季非公開文化財特別公開で、京都の貴重な文化財を特別に公開する催事です。

大方丈・小方丈(重要文化財)、方丈庭園(京都市指定名勝)が特別公開されます。

【開催時間】9:00~16:00

【拝観料】大人:800円・中高生:400円

【問合せ】TEL/075-561-1795 (京都古文化保存協会)

四頭茶会 4月20日

2017年4月20日(木) 建仁寺

この日建仁寺では、開山降誕会に方丈で行われる茶会(よつがしらちゃかい)が行われます。

建仁寺の開祖で、茶の種子を宋から日本へ持ち帰った栄西禅師が、禅と共に将来した喫茶法を、そのまま再現したものといわれています。頭(正客)四名に相伴客が八名ずつつくところがこの名の由来だそうです。

【問合せ】TEL/075-561-0190

日本の美意識に出会えるまち=祇園で大茶会 4月16日【終了致しました】

4月16日(日)八坂神社・常磐殿

芸妓さん舞妓さんのお点前で、八坂神社神賑水の一服を。

第4回目を迎える祇園大茶会は、八坂神社南楼門の修復竣功を記念して、八坂神社の常磐殿で行われます。

八坂神社本殿下に今も湧出する御神水。この御神水を特別に祈願し下賜された霊験あらたかな神賑水の一服をお楽しみ頂けます。

また副席として、常磐殿玄関や漢字ミュージアム庭園で「数寄々々茶席」と名付け、5席を開莚し、それぞれに趣向を凝らしたもてなしをする予定です。

本席のみ予約が可能です。

●席料:1,000円 (副席も同じ)

●時間:12:00~18:00終了

●予約:お名前、連絡先(TEL、FAX、メールアドレス)、同行人数を記載し、

FAX:075-531-2422 メールofficegion@gion.or.jp にお送り下さい。

ご予約の控えを転送しますので、当日会場受付に渡すか提示していただき、お支払い下さい。

※当日でも参加できますが、人数限定で時間指定はできません。

※副席は当日参加申込みとなります。

だしパック(さば、昆布)

熊本県産のサバ節と北海道産昆布の天然素材を使用し、
素材本来の味を引き出す「だしパック」に仕上げました。
このだしパックには、調味料・添加物を一切使用していません。
まずはお出汁だけで味わって頂きたい一品です。

柿善商店の詳細はこちら