祇園の歩き方

二年坂・三年坂

二年坂・三年坂はともに清水参拝道として作られたもので、坂と家並みが折り重なって続いてゆく美しい風景は重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。

三年坂を産寧坂とも記すのは清水寺の子安塔の安産信仰からで、埋葬地の鳥辺野へ通じる道でもあるため石段で転ぶと3年で死ぬという俗信も生まれた。石段下の土産店で厄よけの瓢箪を売るのはそのため。

また、この三年坂の麓には、竹久夢二が彦乃と暮らしたという「夢二寓居址」と刻まれた石碑が立っている。

三年坂を上るとそのまま清水坂につながっているが、二年坂から正法寺への石段を上り詰めると、八坂の塔を前に東山山麓と京の全景パノラマを見ることができる。

住所 : 〒605-0862 京都府京都市東山区清水2丁目
二年坂1
二年坂2

ページ上部へ