祇園の歩き方

疫神社

疫神社むかし祖神が諸国をめぐっていたある夜、宿を請うたところ、巨旦将来(こたんしょうらい)は富み栄えていたにもかかわらず、これを断った。

そして弟の蘇民将来(そみんしょうらい)は貧しかったけれど、粟殻で座をしいて粟の粥で手厚くもてなしたため、後年疫病が流行しても茅の輪をつけて「蘇民将来の子孫なり」といえば、厄災から免れしめると約束され、巨旦将来の子孫は廃絶してしまったとの故事から、蘇民将来を祀る。

例祭は1月19日と、夏越祭の7月31日で、鳥居に取り付けられた大きな茅の輪をくぐり、穢れを祓い、無病息災を祈念する。八坂神社の祇園祭は、この夏越祭をもって終了する。

住所 : 〒605-0073 京都府京都市東山区祇園町北側
電話番号 : 075-561-6155
 
詳細情報 :
■八坂神社内
参拝自由
02茅19
疫神社2

ページ上部へ