祇園の歩き方

芭蕉堂

この堂は、江戸時代中期 俳聖松尾芭蕉をしのぶため、加賀の俳人・高桑闌更が芭蕉にゆかりの深いこの地に営んだのにはじまる。

堂内には、焦門十哲の一人・森川許六が刻んだ芭蕉の木像を安置する。

毎年4月12日には花供養、11月12日には芭蕉忌が行われる。

住所 : 〒605-0072 京都府京都市東山区高台寺北門前通下河原東入鷲尾町523
芭蕉堂1
芭蕉堂2

ページ上部へ