祇園の歩き方

霊山観音

四季変わりなく緑の滴る洛東霊山(りょうぜん)、神仏を祀る神聖な山である霊山の麓に、巨大な観音座像がある。
平和日本の建設と大戦による犠牲者の冥福を祈って、故石川博資氏によって建立された。

柔和な顔の麗しいこの観音像は、彫刻会の元老故山崎朝雲氏によって原型が作成され建立。
昭和30年開眼昭和の代表的芸術として後世に残る荘厳な尊像で、高さ約24メートルで総重量約500トン。建物の上にどっかりと腰を据えている。

大観音の内陣には本尊として十一面八臂観世音菩薩・その侍者の二十八部衆と風神・雷神を祀ってあり、裏から入る胎内には、内部に十二支の守り本尊を祀っている。

境内には護摩堂、みづこ地蔵尊や納骨堂、座禅堂、写経堂、花塚、京料理供養塔などがある。

住所 : 〒605-0825 京都府京都市東山区高台寺下河原町526-2
電話番号 : 075-561-2205・5860
URL: http://www.ryozen-kwannon.jp
 
詳細情報 :
【拝観時間】
8:40~16:20
【参拝料】
200円(線香付)
霊山観音1
霊山観音2
霊山観音3

ページ上部へ