祇園祭のお話

疫神社夏越祭

七月三十一日 十時~ 八坂神社

八坂神社の境内摂社である疫神社は、疫病除けの神、蘇民将来を祀り、蘇民将来社ともいわれています。
古き伝承によると、八坂神社の祭神、素戔嗚尊が南海に旅をして一夜の宿を求めたとき、裕福な巨旦将来(こたんしょうらい)はこの願いを拒んだのに対し、貧しい蘇民将来(そみんしょうらい)は快くもてなしました。この蘇民将来の真心を喜んだ素戔嗚尊は「蘇民将来之子孫也」と記した護符を授け、一家は疫病を免れ無事に過ごしたとされています。これが「蘇民将来之子孫也」の護符のゆえんで、祇園祭の粽にも必ずこの文字を入れた護符が結びつけられています。
この日、疫神社の鳥居に大茅輪を設け、参拝者はこれをくぐって厄気を祓い、「蘇民将来之子孫也」の護符を授かります。
この祭事で1ヶ月間にわたった祇園祭も幕を閉じます。

02茅1
02茅5
02茅9

ページ上部へ