新着情報

京都・東山花灯路2018 3月9日~18日

2018年3月9日(金)~18日(日)/点灯18:00~21:30 青蓮院~八坂神社~清水寺

歴史の香り豊かな東山の麓、神社や寺院をはじめ文化遺産や街並を、京都情緒豊かな陰影のある「灯り」と「花」で演出する、京の早春を彩る風物詩として定着したビッグイベント。幻想的で華やかな、”思わず歩きたくなる路”を創出される10日間です。

●灯りと花の路

北は青蓮院から円山公園、八坂神社を通って清水寺・ちゃわん坂までの散策路に、清水焼や京銘竹などの露地行灯約2,500基を設置し、白壁や土塀にゆらめく陰影、石畳に映える灯りなど京都ならではの様々な表情を見せる街並を演出します。

●いけばなプロムナード

路沿いの10箇所に、大型花器の華麗でボリューム感のある、各流派家元らによるいけばな作品を展示します。

●竹灯り・幽玄の川

円山公園内を流れる吉水の小川のせせらぎ一面を約500本の青竹の灯籠で満たし、幻想的な情景を醸し出します。

●現代いけばな展

円山公園を会場に、華道家の斬新で壮大な華の競演が繰り広げられます。

●火の用心・お囃子組

地元の学童が、火の用心をテーマにしたわらべ歌を唄い、拍子木、かね、太鼓を交えたお囃子を奏でながら「灯りと花の路」を練り歩きます。18:00青蓮院前出発

舞妓さんの奉納舞踊

八坂神社の舞殿にて、京都五花街の舞妓さんによる踊りの奉納があり、華やかな舞を楽しむことができます。

●サクハナ行灯

円山公園来場者が桜型シールにメッセージを書き、大型行灯に飾り付けていきます。

●お絵かき行灯

用紙に自由にイラストやメッセージを描き、オリジナルの行灯を作成、展示できます。

※その他関連事業が予定されています。

【問合せ】075-212-8173 京都・花灯路推進協議会事務局

ページ上部へ