新着情報

第143回 都をどり 4月1日~30日

G401@都

「都をどりはぁ ヨーイヤサー」と華やぐ声で、左右両花道から踊り子が登場して、きらびやかな舞台が開く「都をどり」は、春の到来を告げる京都祇園の風物詩としてよく知られています。

今年のテーマは「花都琳派裾模様(はなのみやこりんぱそめもよう)」と題し、琳派400年をイメージし、京舞の井上八千代師の指導による美術・邦楽・舞踊の総合芸術として伝統に培われた舞台は、観る人を夢幻の世界へと誘います。

またお茶席では、芸妓さんによる立礼式(りゅうれいしき)のお点前が楽しめます。おみやげに「都をどり特製だんご皿」も付いています。

【開演時間】12:30~・14:00~・15:30~・16:50~

【観賞料金】茶券付特等観覧券4,800円、1等席4,200円、自由席2,500円

※新たに1000円の当日学割が設けられました。(予約不可)

【問合せ】TEL/075-541-3391(祇園甲部歌舞会)

ページ上部へ