サマーMIX

最近一気に暑くなりましたが、みなさま夏バテなどしていませんか?
キャンディーショータイムでは今年も楽しい夏がやってきました!

期間限定で夏にちなんだ柄が5種類MIXされたサマーMIXを販売しています。
他にも、スイカの形のロリポップキャンディーや縁日の金魚すくいそっくりな縁日セット
かき氷のいろいろな味のするキャンディーなど多数ご用意しております♪
ぜひ、この機会にお試しください。

サマーMIX   45gソフトパック 税込¥560

CANDY SHOW TIME 京都祇園の詳細はこちら

つやび

美顔専門に開発されたパウダータイプの洗顔料。
洗いあがりはつっぱらず、滑らかな仕上がり。
パパイヤの成分であるパパイン酵素が、
ニキビやあせもの原因となる毛穴の汚れをしっかり分解し、洗浄します。

よーじや祇園店の詳細はこちら

夏限定 京都ハンカチ

花火や大文字を眺める舞妓さんの姿が刺繍された、季節限定のハンカチです。
吸水性がよく乾きやすいダブルガーゼを使用。
手触りも良く、夏の京都旅行のお供におすすめの一枚です。

SOUVENIR京都の詳細はこちら

宇治金時

注文されてから点てる抹茶のシロップが自慢の宇治金時。
ふわふわで口どけの良い氷には、自家製白玉とたっぷりのあずきがトッピングされ、
濃い抹茶の苦味をさらに引き立てます。850円(税込)

喫茶 ハーモニーの詳細はこちら

花あわせ

萩月定番のあられ、かりんとう、豆菓子を、
祇園の舞妓さんの髪を飾る花かんざしをイメージしたパッケージにお詰めしました。
彩り鮮やかな優しいお味をご堪能ください。

京都祇園 萩月の詳細はこちら

日傘

麻100%UVケア 柄 唐花つる更紗
真夏日でも風が抜けて涼しい大判の日傘
税込価格¥28,080 その他もございます。

むら田の詳細はこちら

おきあがりこぼし(お祭り)

今日は待ちに待ったお祭り。
祭り衣装の可愛い「おきあがりこぼし」はいかがでしょうか。
その他にも、約20種類の「おきあがりこぼし」をそろえておりますので、
お店で手にとってご覧ください。

與市兵衛の詳細はこちら

神輿洗 7月10日

2018年7月10日(火)18:00~ 八坂神社~四条大橋

午後6時、八坂神社で奉告祭ののち、4メートルもの大松明に浄火を点じ、四条通を四条大橋まで神輿の通る道筋を清めていきます。

松明が八坂神社に戻ってくると、3基の神輿のうち素戔嗚尊(すさのおのみこと)をまつる中御座1基を担ぎ、四条大橋に渡ります。そしてお祓いをすませた神事用水を、神官が神輿に注ぎ清めます。この時の神水を浴びると、厄除けになると信じられています。

その後神輿は八坂神社に戻り、17日の神幸祭にそなえ3基の神輿を飾りつけます。

また能舞台では、子供たちによる鷺踊りや祇園祭音頭踊りなどが披露されます。

【問合せ】TEL 075-561-6155 (八坂神社)

お迎提灯  7月10日

2018年7月10日(火)16:30~21:00  八坂神社~市役所~八坂神社

「神輿洗」の神輿を迎えるために、先触れとして太鼓を先頭に、それぞれの提灯を掲げた行列が、氏子地域を練り歩きます。

八坂神社から祇園四条通を通って市役所へ向かい、また八坂神社に戻ります。祇園石段下で神輿洗の神輿を迎え、八坂神社境内で舞踊の奉納が行われます。

神事用水清祓式 7月10日

2018年7月10日(火)10:00~ 四条大橋、宮川堤

この夜に行われる神輿洗いの儀式に使用する神事用水を、四条大橋上から釣瓶を用いて汲み上げます。

その後、宮川堤で神事用水清祓式(しんじようすいきよはらいしき)が執り行われ、夜に備えます。

七夕会 7月7日・8日

2018年7月7日(土)・8日(日)高台寺

七夕の笹飾りは全国各地で見られますが、京都ではすっかり有名になった高台寺の七夕飾り。子供たちの夢でしなった七夕飾りが並べられます。

幼稚園や保育園に配ってある短冊以外にも、高台寺ホームページから、誰でも応募できます。

境内と七夕飾りはライトアップされ、夜の特別拝観も実施されます。

また、七夕茶会が同時開催されます。こちらは拝観料込みで3,000円、要予約です。

【開催時間】17:00~21:30受付終了(22:00閉門)

【拝観料】500円  短冊応募の方は無料

 ※一般拝観/9:00~17:00(拝観料600円)

【問合せ】075-561-9966(高台寺)

長刀鉾稚児 お千度 7月1日

2018年7月1日(日)10:00~ 八坂神社

山鉾巡行の先頭を務める長刀鉾の稚児と役員が、八坂神社に参拝し、祇園祭期間中の神事の無事を祈願します。

この日稚児は白く化粧をほどこし、袴姿の稚児衣裳に身をつつみ、補佐役の2人の禿(かむろ)と共に本殿でお祓いを受け祈願した後、朱の傘をかざされながら、本殿の周りを3回めぐります。