祇園商店街振興組合設立50周年記念講演会のご案内

参加ご希望者は下記項目を記入しメールにてお申し込みください
①お名前 ②参加人数 ③連絡先(電話)
確認でき次第ご返信いたしますが、定員に限りがあり、ご参加いただけない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

お申込みメールアドレス officegion@gion.or.jp 締切=5月29日(水)

八坂神社例大祭 6月15日

2019年6月15日(土)八坂神社

「東遊の耳馴れたるはなつかしく面白く」と「源氏物語」にも描かれているように、平安時代の宮廷でよく行われたという「東遊(あずまあそび)」。元は東国の神事芸能だったもので、今では一部の神社で行われるだけで、日頃目にする機会が少ないものです。
八坂神社の例大祭では、午前10時から祭典が行われ、弥栄雅楽会による「東遊」の奉納が行われます。舞殿で舞人たちが典雅な舞を披露します。
【問合せ】075-561-6155(八坂神社 )

開山忌 6月5日 

2019年6月5日(水) 建仁寺・法堂

6月5日は建仁寺の開祖・栄西禅師の命日で、しめやかに忌日法要が行われます。
栄西禅師は比叡山で天台密教を修めた後、宋に渡り、禅とともに当時は漢方薬として扱われていた茶を持ち帰り「喫茶養生記」などを記したことから、日本のお茶文化の「茶祖」とも呼ばれています。
【問合せ】TEL/075-561-0190(建仁寺)

祇園放生会 6月2日(日)

2019年6月2日(日)祇園・白川巽橋

放生会(ほうじょうえ)とは、食べ物になる生き物に感謝する行事のことで、比叡山の大阿闍利により奉修されます。
11時から、祇園・白川の巽橋で、読経にあわせて、舞妓さんらが鮎(鯉・金魚)の稚魚約2000匹を白川へ放流する予定です。
【問合せ】TEL/075-701-5181(祇園放生会実行委員会 )

遺芳庵朝茶席 6月1日~7日

2019年6月1日(土)~7日(金)高台寺

若葉の清々しい朝の高台寺で、一畳台目向板・向切逆勝手という大変小さな茶室、普段は閉じられている遺芳庵というお茶席で、毎日一席のみ(3名まで)薄茶のお点前をゆっくり楽しめます。
【茶会料金】一席15,000円(3名なら1人5,000円 拝観料込)
【開始】8:30(事前予約が必要)
【問合せ】TEL/075-561-9966(高台寺)

半夏生の庭園特別公開 5月29日~7月7日

2019年5月29日(水)~7月7日(日) 建仁寺塔頭・両足院

普段は予約をしないと拝観できない両足院が特別公開されます。
唐門前庭や京都府指定名勝の池泉廻遊式の庭園が美しく、初夏になると葉午前中の拝観がおすすめです。

【拝観志納料】大人600円
【拝観時間】10:00~16:30(受付終了)
【問合せ】TEL/075-561-3216(両足院)

恵美須神社例大祭、神幸祭 5月19日

2019年5月19日(日) 恵美須神社

ゑびす神社の氏子三十六ヶ町の地域に密着したお祭りです。
ゑびす様の「お渡り」といって、御霊をお移しした神輿が子供神輿と一緒に氏子地域を巡幸します。
【問合せ】TEL/075-525-0005(恵美須神社)

企画展 名付けの「へぇ~」

子供の名前にはどんな漢字を使ってもいいのでしょうか?
「きらきらネーム」ってどういう名前のこと?など、名前にまつわる
疑問はたくさんあります。
この展示では、日中の名前に関する文化をわかりやすくご紹介します。
併せて「元号のまめ知識」も展示しております。

漢字ミュージアムの詳細はこちら

ドット刺繍シェル扇子セット

オリジナルデザインの上品なお花の刺繍入り扇子。
扇子と同じドット柄の扇子入れとセットで箱入りなので
ギフトにもおすすめです。
他にもたくさんの扇子を揃えておりますので是非店頭で
ご覧下さいませ。

SOUVENIR京都の詳細はこちら

祇園鉄板焼セット+飲み放題

ロース焼き肉(150g)+海鮮盛り合わせ+焼そば+菊水ピラフ
男性4,400円女性3,900円(税別)が一番人気です。
令和元年(2019年)レストラン菊水 屋上ビアガーデンは
5月7日(火)~9月30日(月)迄でございます。
雨天の場合はテントと階下の会場を御用意しております。

レストラン菊水の詳細はこちら

宇治金時

北海道産の小豆を使用した小倉餡の上に氷をたっぷりかき
宇治抹茶と和三盆糖でおつくりした濃厚な抹茶蜜をかけた
一番人気のかき氷です。
販売期間 2019年5月1日~9月30日
価格 1,404円、1,080円 (小)

虎屋の詳細はこちら