百鬼夜行展  7月15日~8月31日

2019年7月15日(月)~8月31日(土) 高台寺・圓徳院

「百鬼夜行」とは夜にさまざまな怪異なもの、捨てられた古道具が形を化け物や妖怪に姿を変えて夜の闇の中を行列し、ざわざわと俳徊するさまのことで、日本では古来、生き物と同じく道具にも魂が宿っていて道具を大切にしなければいけない、という意味を込めて描かれています。
高台寺が所蔵している「百鬼夜行絵巻」や河鍋暁斎の「地獄太夫の掛軸」などが特別展示されます。
加えて、藤井湧泉 奉納襖絵「妖女赤夜行進図」も特別公開されます。
また8月1日~18日には夏の夜間特別拝観も同時開催され、閉門が22:00に延長されます。

■高台寺/9:00~18:00受付終了(18:30閉門)大人 600円、中高生 250円
■圓徳院/10:00~17:00受付終了(17:30閉門)大人 500円、中高生 200円
※共通拝観特別割引券(大人900円)があります。
【問合せ】TEL 075-561-9966  高台寺

祇園祭セット 前祭 / 後祭

煌めく雅な祭をイメージしたパッケージで、1150年目の祇園祭を楽しもう。
祇園祭限定デザインセット、「前祭」「後祭」の2種類で7月1日より販売開始!
前祭(7月17日)と後祭(7月24日)をイメージした2つの鉾をデザインした限定パッケージです。
きらきらと煌めくパッケージで、駒形提灯に彩られた宵山を表現しました。
商品名:祇園祭セット 前祭 / 後祭
価格 :各1,188円(税込)
販売期間 :2019年7月1日~7月31日(予定)
セット内容:
・水出し冷煎茶(5g×7袋)
・つじりの里 8本

販売店舗:祇園辻利本店、祇園辻利八条口店
※店舗にて品切れの際はご容赦ください。
※商品仕様等は予告なく変更になる場合があります。

祇園辻利 本店の詳細はこちら

河井寛次郎 作 草花図壷 共箱

大正から昭和の時代、民藝運動の中心的役割を担った陶工 河井寛次郎の作品です。
口縁と高台周りには茶色の鉄釉が掛けられ、
胴は白地に草花が連なり合って一周ぐるりと描かれています。
少しろくろ目が見えます。
コントラストがハッキリとした優品です。

サイズ:口径11cm 胴径21cm 高さ25cm

奥田連峯堂の詳細はこちら