京都・東山花灯路2020 中止

京の早春を彩る風物詩として定着したビッグイベント「京都・東山花灯路」ですが、残念ながら中止となりました。

http://www.hanatouro.jp/

東山花灯路・協賛イベント 3月6日~15日

2020年3月6日(金)~15日(日)

「京都・花灯路」開催期間中、様々な協賛イベントが行なわれます。
●京都五花街・舞妓さんの舞
八坂神社の舞殿にて、京都五花街の舞妓さんによる踊りの奉納があり、華やかな舞を楽しむことができます。
●狐の嫁入り巡行 知恩院三門~高台寺
古来から縁起がいいと言われている「狐の嫁入り」が、人力車と提灯行列スタイルで再現されます。19:00~ 20:00~ 毎日2回。※時間は変更になる場合があります。
●粟田大燈呂 円山公園
青森ねぶた祭りの原点とも言われ、粟田神社大祭で巡行した高さ4mもある粟田大燈呂が展示されます。

特別拝観とライトアップ 3月6日~15日

2020年3月6日(金)~15日(日)

「京都・花灯路」開催期間中、東山の各寺院では、境内のライトアップと特別拝観が行なわれ、八坂神社においても本殿の特別拝観(昼間)と、夜に灯りの特別演出が行なわれます。
●八坂神社
18:00~21:30 境内自由
※昼の本殿拝観/10:00~16:00(受付終了・大人500円)
【問合せ】TEL/075-561-6155(八坂神社)
■青蓮院
18:00~21:30(受付終了) 大人800円
※昼の拝観/9:00~16:30(受付終了・大人500円)
【問合せ】TEL/075-561-2345(青蓮院)
■圓徳院
17:00~21:30(受付終了) 昼夜共 大人500円
※昼の拝観/10:00~17:00(入れ換え無し)
【問合せ】TEL/075-525-0101(圓徳院)
■高台寺
17:00~21:30(受付終了) 昼夜共 大人600円
※昼の拝観/9:00~17:00(入れ換え無し)
【問合せ】TEL/075-561-9966(高台寺)
■法観寺《八坂の塔》
10:00~16:00(夜間拝観は無し)
※昼の拝観 大人400円(小学生以下不可)
【問合せ】TEL/075-551-2417(法観寺)
■清水寺
18:00~21:00(受付終了) 昼夜共 大人400円
※昼の拝観/6:00~18:00
【問合せ】TEL/075-551-1234(清水寺)

京都・東山花灯路2020 3月6日~15日

2020年3月6日(金)~15日(日)/点灯18:00~21:30 青蓮院~八坂神社~清水寺

歴史の香り豊かな東山の麓、神社や寺院をはじめ文化遺産や街並を、京都情緒豊かな陰影のある「灯り」と「花」で演出する、京の早春を彩る風物詩として定着したビッグイベント。幻想的で華やかな、”思わず歩きたくなる路”を創出される10日間です。
●灯りと花の路
北は青蓮院から円山公園、八坂神社を通って清水寺・ちゃわん坂までの散策路に、清水焼や京銘竹などの露地行灯約2,500基を設置し、白壁や土塀にゆらめく陰影、石畳に映える灯りなど京都ならではの様々な表情を見せる街並を演出します。
●いけばなプロムナード
路沿いの10箇所に、大型花器の華麗でボリューム感のある、各流派家元らによるいけばな作品を展示します。
●現代いけばな展
大谷祖廟参道を会場に、華道家の斬新な16作品の壮大な華の競演が繰り広げられます。
●火の用心・お囃子組
地元の学童が、火の用心をテーマにしたわらべ歌を唄い、拍子木、かね、太鼓を交えたお囃子を奏でながら「灯りと花の路」を練り歩きます。18:00青蓮院前出発
●花の大学のまち京都・伝統の灯り展
大谷祖廟参道を会場に京都の5つの芸術系大学の学生によるユニークな灯りの創作作品を展示します。
●お絵かき行灯
高台寺公園で、用紙に自由にイラストやメッセージを描き、オリジナルの行灯を作成、展示できます。
● 東山花灯路de「花咲想(はなさかそう)」
「ひまわりの種」「日日草の種」が会場エリア内でプレゼントされます。(数量限定)
【問合せ】075-212-8173 京都・花灯路推進協議会事務局

京の冬の旅・非公開文化財特別公開 3月18日まで

2020年3月18日(水)まで 京都市内14カ所

京の冬の旅。今回は明智光秀を主人公とした大河ドラマ「麒麟がくる」放映にちなんで、光秀と戦国の英傑ゆかりの寺院を中心に、普段は見学できない庭園、仏像、襖絵、建築などの文化財が特別公開されます。
祇園界隈では、知恩院の大方丈・小方丈・方丈庭園。10:00~16:20(15:40受付終了)
高台寺は3月1日までで、霊屋(重文)の厨子扉や須弥壇の「高台寺蒔絵」を間近で見ることができます。9:00~17:30(17:00受付終了)
【特別拝観料金】1カ所 600円
【問合せ】TEL/075-213-1717(京都市観光協会)