七五三詣 9月1日から

2020年9月1日(火)から 八坂神社

八坂神社では、今年度の「七五三詣」について、新型コロナウイルス感染の予防として、密集を避けるために例年より期間を長くして、9月1日から受付けされます。
【問合せ】TEL/075-561-6155 (八坂神社)

「都をどり」 動画無料配信 

2020年8月12日から 祇園甲部歌舞会

毎年春に開催される、祇園甲部の「都をどり」ですが、今年は残念ながら中止を余儀なくされました。
祇園甲部歌舞会では、少しでも舞台の雰囲気を味わって頂けるようにと、平成31年南座で開催された「都をどり」公演の動画を無料配信されています。
詳しくは公式サイトへ http://miyako-odori.jp/
※今年度の「温習会」は中止されます。

【問合せ】 TEL/075-541-3391 (祇園甲部歌舞会)

南座 夏の舞台体験ツアー 8月31日まで

2020年8月31日(月)まで 南座

400年に亘る歴史と伝統を今に伝える南座の「花道」「迫り」「廻り舞台」など、江戸時代に日本の芝居小屋で発明された歌舞伎劇場特有の、舞台機構を実際に体験できるユニークな劇場ツアーです。
詳しくは松竹ホームページでどうぞ。 https://www.shochiku.co.jp/play/theater/minamiza/

1日6回、各回定員制。所要時間約30分(予定)。
体験時間:①11:00~ ②12:00~ ③13:00~
④14:00~ ⑤15:00~ ⑥16:00~
入館時間:舞台機構体験時間の各30分前より入館可能
休館日:毎週火曜、水曜(4、5、11、12、18、19、25、26日)
【料金】1,200円(税込)
【問合せ】TEL/075-561-1155 (南座)

萬燈会 8月8日~ 10日

2020年8月8日(土)~ 10日(祝・月) 六波羅蜜寺

六波羅蜜寺の萬燈会は、灯芯による大文字が点じられ、七難即滅・七福即正を祈願するとともに、先祖の精霊を迎え追善回向をする行事です。
「市の聖」と呼び慕われた空也上人以来の伝統行事で、火の用心の護符が授けられます。
本堂の外では、闇に結縁のろうそくの幻火がゆらめき、内陣では「大」の字形の燭台の上にのせられた魂迎えの炎が静かに揺れ、幽玄の世界を描き出します。これは大文字の五山送り火の原形となったものです。
この万灯会により迎えられた精霊は、16日の五山送り火によって送られます。
マスクの着用とソーシャルディスタンスをお願いします。
【問合せ】TEL 075-561-6980(六波羅蜜寺)

六道まいり 8月7日~ 10日

2020年8月7日(金)~ 10日(祝・月) 六道珍皇寺

京都では、7日から10日までの4日間に「おしょらい(精霊)さん」を迎えるために「六道まいり」が行われます。
六道とは「天上界」から「地獄界」までの6つの世界のことで、「六道さん」と呼ばれる六道珍皇寺のあるあたりは六道の辻といい、平安時代にこの世とあの世の別れ道だといわれていました。
六道まいりでは、お盆に迎える先祖の戒名を書いた水塔婆に槇の葉で水をかけ供養し、迎え鐘をついてお精霊さんを迎えます。そのお精霊さんは槇の枝に乗って各家に帰るとされています。
六道珍皇寺には、早朝から大勢の参拝者が訪れ、六道の辻には迎え鐘の音が絶えることなく響き続けます。

今年は例年通りの行事を中止されますが、初盆を迎える家については「精霊が初めての里帰りで迷わないように必ず六道珍皇寺にお参りする」との習わしがあることから、新仏を迎える家に限って参拝を受け付けられます。
【問合せ】TEL 075-561-4129(六道珍皇寺)

八坂神社七夕祭 8月7日

2020年8月7日(金)10:00~ 八坂神社

数日前から境内舞殿の廻りに大笹が立てられ、参拝者は短冊に願い事を込めて掛けることができます。
【問合せ】TEL 075-561-6155(八坂神社)

テイクアウトかき氷「宇治金時」

とらやの宇治茶「京の調」(抹茶)と和三盆糖でおつくりした、濃厚な抹茶蜜を
かけたかき氷「宇治金時」を、テイクアウトでもお楽しみいただけます
香ばしい麩焼きがアクセントになり、定番の小倉餡との相性も抜群です

販売期間:~9月30日(水)頃
価格:700円(税別)

虎屋の詳細はこちら

お供え用平安香・香袋 沙羅セット

沈香を使って作ったお線香「平安香」と沙羅(夏椿)の花をかたどった
生絹製の香袋のお供え用セットです。
香袋に使用のお香は愛山堂オリジナルの掛香(におい袋用のお香)
「紅乙女(こおとめ)」です。
お仏壇のあるおうちにも無いおうちにも使っていただけるお品です。
お盆のお供えにいかがでしょうか。

豊田愛山堂の詳細はこちら