高台寺七夕会 7月3日・4日

2021年7月3日(土)・4日(日)高台寺

七夕の笹飾りは全国各地で見られますが、京都ではすっかり有名になった高台寺の七夕飾り。子供たちの夢でしなった七夕飾りが並べられます。
無料エリアにある短冊飾りと、境内はライトアップされ、夜の特別拝観も実施されます。
また、七夕茶会が同時開催されます。こちらは拝観料込みで3,500円、前日午後4時までに予約が必要です。

【開催時間】17:00~21:30受付終了(22:00閉門)
【拝観料】600円
【問合せ】075-561-9966(高台寺)

夏越の大祓式 6月30日

2021年6月30日(水) 恵美須神社・安井金比羅宮

大祓は、災・厄を祓って吉祥を求めるもので、「茅の輪」を通り抜け、悪疫諸病退散、商売繁盛、交通安全を祈願する行事です。
人形(ふりかえ)に名前年齢を書き、気吹(いきふき)し、身体にさすり、茅の輪を通り抜け、祈願します。
午後6時から、当日どなたでも参加できます。
安井金比羅宮では雨天の場合は神職のみで斎行されます。
【問合せ】TEL/075-525-0005(恵美須神社) TEL/075-561-5127(安井金比羅宮)

時雨亭 特別茶席 6月20日~30日

2021年6月20日(日)~30日(水) 高台寺

ねね様の四百年遠忌を記念し、「時雨亭」で行われる初めての茶席です。薄茶のお点前をゆっくり楽しめます。
参加前日の16時までに予約が必要です。

【料金】1人/5,000円 (一席4名まで、拝観料込)
【開催時間】 9:30~15:30
【問合せ】TEL/075-561-9966(高台寺)

八坂神社例大祭 6月15日

2021年6月15日(火)八坂神社

「東遊の耳馴れたるはなつかしく面白く」と「源氏物語」にも描かれているように、平安時代の宮廷でよく行われたという「東遊(あずまあそび)」。元は東国の神事芸能だったもので、今では一部の神社で行われるだけで、日頃目にする機会が少ないものです。
八坂神社の例大祭では、午前10時から祭典が行われ、弥栄雅楽会による「東遊」の奉納が行われます。
いつもは舞殿で披露されますが、今年は本殿内で行われるため、一般の見学はできません。
【問合せ】075-561-6155(八坂神社 )

半夏生の庭園特別公開 7月11日まで

2021年7月11日(日)まで 建仁寺塔頭・両足院

普段は非公開の両足院が特別公開されていて、予約なしで拝観が可能となります。
唐門前庭や京都府指定名勝の池泉廻遊式の庭園が美しく、初夏になると徐々に葉を白く色を変え、まるで可憐な花の様にに池辺を彩る半夏生が身頃になります。
今年は例年よりも少し早い色づきとなっているとのこと、午前中の拝観がおすすめです。
安全を配慮し入場人数の制限をされます。

【拝観志納料】大人1000円
【拝観時間】10:00~16:00(受付終了)
【問合せ】TEL/075-561-3216(両足院)

企画展「なやみ深き漢字学習」~戦後から現代へ~2021.6.16(水)~10.3(日)

本展示は昨年度開催の「なやみ深き漢字学習」~明治から
戦前へ~の続編として開催いたします。
戦後の漢字教育史をひもとき、貴重な昔の漢字ドリルの展示や
現在のデジタル漢字学習を紹介してなやみ深き漢字学習に迫ります。

漢字ミュージアムの詳細はこちら