新着情報

古染付凧揚図皿

中国明時代末期・天啓年間(1621-1627)頃を中心に
江西・景徳鎮の民窯で焼かれた染付磁器である、古染付のお皿です。
江戸時代初期の日本では、茶人を中心に茶道具や飲食器を
注文焼成させる風潮もあり、日本人好みの茶道具や飲食器を
中国へ注文し、日本に渡ってきたと考えられています。
こちらのお皿は、唐子が凧揚げをしている図です。

寸法:径20.9cm 高さ4.8cm

奥田連峯堂の詳細はこちら

ページ上部へ