新着情報

河井寛次郎 作 花碗 共箱

大正から昭和の時代、民藝運動の中心的役割を担った陶工 河井寛次郎の作品です。

呉須、辰砂、鉄で花模様が描かれたお茶碗です。

寛次郎は、抹茶碗も制作し、自身も普段から愛用していました。

寛次郎の故郷は島根 安来で、松平不昧公のお膝元でもあるので、

気軽に抹茶を味わっていたそうです。

寸法:径13.3cm 高さ8.5cm

奥田連峯堂の詳細はこちら

ページ上部へ